納豆の中の酵素の働きとは

ネバネバにある酵素

女性

納豆やヨーグルト、チーズ等の発酵食品は体に良いといわれています。特に納豆は昔から日本人にとって身近な発酵食品として食べられてきました。大豆に納豆菌を混ぜると納豆菌は大豆に含まれているタンパク質を発酵させます。その際にできるものが納豆のネバネバのもとになっているポリグルタミン酸やビタミンです。そして、ナットウキナーゼという酵素も作られます。ナットウキナーゼは納豆菌によって作られるので納豆だけに含まれている酵素です。納豆が血液の流れを良くする等の効果があることは知られています。更に研究が進んだ結果、納豆に含まれているナットウキナーゼには血栓を溶かす効果だけでなく、その他にも様々な効果があるとして注目されるようになっています。

血栓予防に効果

食事の内容が和食から洋食へと変化して、脂質が多い食事を摂る機会が増えている現代人にとっては血液がドロドロになりやすい傾向にあります。ドロドロした血管内では血栓ができやすくなり、高血圧やコレステロール値が上昇し招き心筋梗塞等へと悪化していきます。ナットウキナーゼには血栓を溶かす効果があるので、体内に取り入れることで血液の流れをスムーズにしてくれます。血圧の高さやコレステロール値が気になる方、外食が多く栄養バランスが乱れがちな方は納豆を食事の1品として加えてみましょう。納豆が苦手という方はナットウキナーゼのサプリメントを利用してみるのも良いでしょう。ナットウキナーゼには整腸作用や免疫力を向上させる効果あるといわれていますから是非取り入れたいものです。